医療・福祉のプロフェッショナルとしてデビューする!
学校法人RWFグループ 四国中央医療福祉総合学院
資料請求はこちら

募集要項

理学療法学科・作業療法学科・言語聴覚学科・看護学科

1)出願資格

試験区分 出願資格
推薦入試

(1)平成30年3月高等学校を卒業見込みの者で、出身高等学校長の推薦を受けた者

※(1)の条件を満たし、下記の<1>、<2>の条件を満たす者 
<1>調査書評定値が3.0以上の者
<2>合格した場合、本学院へ入学することを確約できる者

社会人選抜入試

(1)高等学校を卒業の者、またはこれと同等以上の学力があると認められる者
 (高等学校卒業程度認定試験合格者)
(2)合格した場合、本学院へ入学を確約できる者

※(1)、(2)の条件を満たし、下記の<1>または<2>の条件を満たす者
<1>平成29年3月末日時点において、2年以上の職務経験を有する者
<2>大学、短大、専修学校(専門課程)を卒業の者 (卒業見込者を含む)

一般入試

(1)高等学校を卒業の者(平成30年3月卒業見込者を含む)
(2)法令により、これと同等以上の学力があると認められる者
 (高等学校卒業程度認定試験合格者)

※(1)または(2)の条件を満たす者

AO入試

(1)平成30年3月31日までに高等学校卒業見込の者
(2)高等学校を卒業の者、またはこれと同等以上の学力があると認められる者
 (高等学校卒業程度認定試験合格者)

※上記の(1)又は(2)に該当し、本学院を志望する理由が明確であり、自分の学びたい熱意・積極性をもった者で、合格した場合入学を確約できる者

2)入試日程

試験区分 選考日 出願期間 合否通知発送日
第1次 推薦入試
第1次 社会人選抜入試
第1次 一般入試
平成29年10月8日(日) 平成29年9月1日(金)~
10月4日(水)
平成29年10月17日(火)
第2次 推薦入試
第2次 社会人選抜入試
第2次 一般入試
平成29年11月12日(日) 平成29年10月10日(火)~
11月7日(火)
平成29年11月21日(火)
第3次 推薦入試
第3次 社会人選抜入試
第3次 一般入試
平成29年12月10日(日) 平成29年11月13日(月)~
12月5日(火)
平成29年12月19日(火)
第4次 推薦入試
第4次 社会人選抜入試
第4次 一般入試
平成30年1月14日(日) 平成29年12月22日(金)~
平成30年1月9日(火)
平成30年1月23日(火)
第5次 推薦入試
第5次 社会人選抜入試
第5次 一般入試
平成30年2月11日(日) 平成30年1月26日(金)~
2月6日(火)
平成30年2月20日(火)
第6次 社会人選抜入試
第6次 一般入試
平成30年3月11日(日) 平成30年2月23日(金)~
3月6日(火)
平成30年3月16日(金)
AO入試

AO入試についての詳細はこちらをご覧ください。

3)選考方法

試験区分 選考方法
推薦入試 ●小論文
●面接
●書類考査
社会人選抜入試 ●小論文
●面接
●書類考査
一般入試 ●学科試験(100点)(英語・数学Ⅰより選択)
●小論文
●面接
●書類考査
AO入試 ●小論文
●面接
●書類考査
  • 学科を詳しく見る
  • 資料請求はこちら
PAGETOP
社会福祉学科

1)募集地域

現在の居住地

愛媛県、香川県、徳島県、高知県、岡山県に在住の者

2)受験資格要件

最終学歴および実務経験 一般養成課程(1年8ヶ月)出願資格
一般系大学等4年卒業

(1)学校教育法に基づく4年制大学を卒業した者(卒業見込者含む)
又はこれに準ずるものとして厚生労働省令に定める者

一般系短大等3年卒業
(専門学校3年制を含む)

実務経験1年

(2)学校教育法に基づく3年制の短期大学(夜間、通信によるものは除く)を卒業した者
又はこれに準ずるものとして厚生労働省令で定める者で、
かつ指定施設において1年以上相談援助業務に従事した者

一般系短大等2年卒業
(専門学校2年制を含む)

実務経験2年

(3)学校教育法に基づく2年制の短期大学又は高等専門学校を卒業した者、
又はこれに準ずるものとして厚生労働省令で定める者で、
かつ指定施設において2年以上相談援助業務に従事した者

実務経験4年

(4)指定施設において4年以上相談援助業務に従事した者

※実務経験… 厚生労働大臣が定める各施設において、相談援助業務に従事している者
※その他、詳しくは下記ホームページをご参照ください。
>>■財団法人社会福祉振興・試験センター

3)願書受付

区分 願書締切
第1次募集 平成29年9月1日(金)~10月31日(火)必着
第2次募集 平成29年11月1日(水)~12月8日(金)必着
第3次募集 平成29年12月11日(月)~平成30年1月19日(金)必着
第4次募集 平成30年1月22日(月)~3月2日(金)必着
第5次募集 平成30年3月5日(月)~3月16日(金)必着
※定員に達した場合については、それ以降の募集は行いません。

4)選考方法

試験区分 選考方法
全募集時共通 ●小論文
●出願書類
  • 学科を詳しく見る
  • 資料請求はこちら
PAGETOP
精神保健福祉学科

1)募集地域

現在の居住地

愛媛県、香川県、徳島県、高知県、岡山県に在住の者

2)受験資格要件

最終学歴および実務経験 一般養成課程(1年8ヶ月)出願資格
一般系大学等4年卒業

(1)学校教育法に基づく4年制大学を卒業した者(卒業見込者含む)
又はこれに準ずるものとして厚生労働省令に定める者

一般系短大等3年卒業
(専門学校3年制を含む)

実務経験1年

(2)学校教育法に基づく3年制の短期大学(夜間、通信によるものは除く)を卒業した者
又はこれに準ずるものとして厚生労働省令で定める者で、
かつ指定施設において1年以上相談援助業務に従事した者

一般系短大等2年卒業
(専門学校2年制を含む)

実務経験2年

(3)学校教育法に基づく2年制の短期大学又は高等専門学校を卒業した者、
又はこれに準ずるものとして厚生労働省令で定める者で、
かつ指定施設において2年以上相談援助業務に従事した者

実務経験4年

(4)指定施設において4年以上相談援助業務に従事した者

最終学歴および実務経験 短期養成課程(9ヶ月)出願資格
福祉系大学等4年卒業
基礎科目の修了者

(1)学校教育法に基づく福祉系4年制大学において基礎科目を修めて卒業した者
(卒業見込者含む)又はこれに準ずるものとして厚生労働省令に定める者

福祉系短大等3年卒業
基礎科目の修了者

実務経験1年

(2)学校教育法に基づく福祉系3年制短期大学(夜間、通信によるものは除く)において
基礎科目を修めて卒業した者
又はこれに準ずるものとして厚生労働省令で定める者であって、
かつ指定施設において1年以上相談援助業務に従事した者

福祉系短大等2年卒業
基礎科目の修了者

実務経験2年

(3)学校教育法に基づく福祉系2年制短期大学において基礎科目を修めて卒業した者、
又はこれに準ずるものとして厚生労働省令で定める者で、
かつ指定施設において2年以上相談援助業務に従事した者

社会福祉士登録者

(4)社会福祉士である者

※実務経験・・・ 厚生労働大臣が定める各施設において、相談援助業務に従事している者
※実習免除・・・ 相談援助業務に1年以上従事された経験のある者は実習が免除されます。
※基礎科目・・・ (1)人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目
(2)現代社会と福祉
(3)地域福祉の理論と方法
(4)社会保障
(5)低所得者に対する支援と生活保護制度
(6)福祉行財政と福祉計画
(7)保健医療サービス
(8)権利擁護と成年後見制度
(9)障害者に対する支援と障害者自立支援制度
(10)精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)
※科目の読替え、「旧告示」による基礎科目については卒業した大学で確認してください。
※その他、詳しくは下記ホームページをご参照ください。
>>■財団法人社会福祉振興・試験センター

3)願書受付

区分 願書締切
第1次募集 平成29年9月1日(金)~10月31日(火)必着
第2次募集 平成29年11月1日(水)~12月8日(金)必着
第3次募集 平成29年12月11日(月)~平成30年1月19日(金)必着
第4次募集 平成30年1月22日(月)~3月2日(金)必着
第5次募集 平成30年3月5日(月)~3月16日(金)必着
※定員に達した場合については、それ以降の募集は行いません。

4)選考方法

試験区分 選考方法
全募集時共通 ●小論文
●出願書類
  • 学科を詳しく見る
  • 資料請求はこちら
PAGETOP
  1. ホーム
  2. 募集要項
PAGETOP
〒799-0422 愛媛県四国中央市中之庄町1684-10
Copyright(c) RWF group All rights reserved.