医療・福祉のプロフェッショナルとしてデビューする!
学校法人RWFグループ 四国中央医療福祉総合学院
資料請求はこちら
学科紹介

言語聴覚学科

学院の特色

  • 言語聴覚学科で3年制の専門学校は中四国で唯一、本学だけです。
  • ベッドサイドから心理面を洞察する教育に重点をおき、心を大切にする人間性あふれる人材を育てます。
  • 本学院の関連施設には、医療機関・各福祉施設が整っており、現場でのニーズをリアルタイムに授業に反映できます。
  • ことば、食べることに障害を持つ人と一緒になって、心を繋ぐスペシャリストを育成します。
  • 本校は、「一般教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」の対象となっております。

言語聴覚士とは

言語療法は、脳卒中や交通事故などにより言葉を失ったり生まれつき耳が聴こえなかったり、言葉の発達が遅れたりなどで意思の疎通ができ難い人たちに対し、言葉を取り戻したり、言葉の発達を促したり、時には身振り手振り、表情、絵など言葉以外の方法を使ってコミュニケーション手段を獲得させる治療を行います。

また食べることの障害に対しても治療しており幅広い分野で活躍しています。「考え・創造」し、「話し」、「味わう」というかけがえのない命のいとなみに直接触れ、人生を豊かにする大きな役割を果たしています。

平成21年度の国家試験により、現在の日本の言語聴覚士の累計は1万5691です。理学療法士や作業療法士に比べまだまだ足りていないのが現状であり、ますます加速する高齢化社会の中で、言語聴覚士のニーズは高まる一方です。人に必要とされ、頼られる仕事に従事することは、人生に大きな価値を与えてくれます。

言語療法は、患者様との心の交流が原点であり、言語聴覚士は人の心と心をつなぐコミュニケーションのスペシャリストです。

言語聴覚学科の授業風景

ことば、きこえ、のみ込みのしくみを、脳の画像や解剖学の知識を土台に、そのメカニズムが理解できるよう学習しています。

Photo

脳画像診断の講義中です。
脳卒中をX線写真から読み取っています。

Photo

発音や飲み込みの障害についての講義です。
解剖学の知識が重要になります。

成人の言語機能、高次脳機能、小児のことばの発達の程度などの評価・分析の仕方を学び、演習を通して指導技術を身につけます。

Photo

成人の失語症検査の実習です。
脳卒中でことばを失った方のリハビリテーション方法を検討します。

Photo

小児の言語発達検査の実習中です。
物の用途が理解できているかを評価し、これらの検査をことばの発達の指導に役立てます。

耳鼻咽喉科領域でも活躍できる言語聴覚士を目指し、臨床現場で実際に使われる聴力検査機器や音声分析装置を使って講義を受けます。

Photo

小児聴力検査の実習中です。うまく答えることができるとおもちゃが光ります。

Photo

発話機能検査の実習中です。
呼吸や声の出し方を検査しています。

学生の声

言語聴覚学科学生A

◆言語聴覚学科 青栁 政芳君◆

昨年の春に四国中央医療福祉総合学院に入学し、今年で1年が経ちました。2年生になり、他学科との交流も増え、毎日充実した学校生活を送っています。

勉強は、毎日朝から夕方まで講義があるので大変ですが、自分の夢のためなのでとても楽しいです。また、分からない所があれば、先生方が分かりやすく丁寧に教えてくれます。

そしてクラス、学年には社会人の方もおり、幅広い年齢層の同級生と仲良くできます。また、社会に出たときの礼儀などたくさんの事を教えてくださるので、勉強だけでなく他にも多くの事を学べ、自分自身わずか1年で成長した様な気がしています。

言語聴覚学科学生B

◆言語聴覚学科 坂本 亜沙美さん◆

入学してから医学的な基礎知識や専門分野の知識、技術の習得に励んでいます。毎日の勉強は大変ですが、クラスメイトや先生方が支えてくれているおかげで充実した学校生活を送っています。三年生になった今は、実習に向けた準備をしています。臨床実習では実際に病院で活躍している先生方が指導して下さるので、教科書に載っていないことが学べるとても良い機会です。しっかり勉強してきたいと思います。

将来は患者様の気持ちを理解し共有することができるいつも明るく優しい言語聴覚士になりたいです。少しでも言語聴覚士に興味のある人は一緒に言語聴覚士を目指してみませんか?

取得できる資格

◆言語聴覚士国家試験受験資格 ◆専門士称号取得(医療専門課程) ◆大学編入試験受験資格

言語聴覚士が活躍するフィールド

医療機関
脳卒中や神経難病などでことばや飲み込みに障害を持った方などのリハビリテーションを行います。
  • 大学病院/総合病院/リハビリテーション病院/リハビリテーションセンター(リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、小児科など)/老人保健施設/デイケアセンターなど
福祉・教育領域
言語発達障害や知的障害などもった子どもたちの発達を支援します。
  • 知的障害児通園施設/難聴児通園施設/肢体不自由児通園施設/行政機関(保健センター、こども発達支援センターなど)/特別支援学校(聴覚障害、知的障害、肢体不自由)
教育・研究機関
言語聴覚障害、言語発達、コミュニケーション機器などの研究をします。
  • 大学/コミュニケーション機器関連企業(補聴器メーカーなど)

就職先

就職率100%平成27年・28年 主な就職先  ★卒業生の声を聞いてみよう★
市立八幡浜総合病院 三豊総合病院 おおぞら病院 岡山協立病院
広島共立病院 鴨島病院 重井医学研究所附属病院 橋本病院
博愛記念病院 岩佐病院 前田病院 平成横浜病院
伊藤医院 西山脳神経外科病院 など  

カリキュラム

基礎科目 専門基礎科目 専門科目 選択必須科目
  • 心理学
  • セラピスト入門
  • 社会福祉
  • 教育・障害児教育
  • 生物学
  • 統計学
  • 医療情報学
  • 英語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 保健体育
  • 一般臨床医学
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • 内科学
  • 小児科学
  • 精神医学
  • リハ医学
  • 耳鼻咽喉科学
  • 臨床神経学
  • 形成外科学
  • 臨床歯科医学口腔外科学
  • 呼吸発声発語系の構造・機能・病態
  • 聴覚系の構造・機能・病態
  • 神経系の構造・機能・病態
  • 臨床心理学
  • 生涯発達心理学
  • 学習認知心理学
  • 心理測定法
  • 一般心理検査演習
  • 言語学
  • 音声学
  • 音響学(聴覚心理学含む)
  • 言語発達学
  • 社会保障制度
  • リハビリテーション総論
  • 医療福祉教育・関係法規
  • 言語聴覚障害総論
  • 言語聴覚障害診断学
  • 失語症
  • 高次脳機能障害
  • 失語・高次脳機能障害演習
  • 言語発達遅滞
  • 脳性麻痺
  • 学習障害
  • 言語発達障害学演習
  • 音声障害
  • 構音障害
    (機能・器質・運動障害性)
  • 嚥下障害
  • 吃音
  • 発声発語嚥下障害学演習
  • 小児聴覚障害
  • 成人聴覚障害
  • 補聴器・人工内耳
  • 重複障害
  • 聴覚障害学演習
  • 言語聴覚特論Ⅰ
    (成人の言語障害についての研究)
  • 言語聴覚特論Ⅱ
    (小児の言語障害についての研究)
  • 言語聴覚特論Ⅲ
    (音声・嚥下障害についての研究)
  • 画像診断学
  • 卒業研究
  • ボランティア活動
  • 呼吸学
  • 理学療法技術学
  • ケアマネジメント
  • 薬理学
  • ボディメカニクス
  1. ホーム
  2. 学科紹介
  3. 言語聴覚学科
PAGETOP
〒799-0422 愛媛県四国中央市中之庄町1684-10
Copyright(c) RWF group All rights reserved.