医療・福祉のプロフェッショナルとしてデビューする!
学校法人RWFグループ 四国中央医療福祉総合学院
資料請求はこちら

医療福祉分野を目指すあなたへ、卒業生からのメッセージ

理学療法学科 卒業生

現在、私は慢性疾患や整形外科疾患などの患者様に対するリハビリを担当しています。
私自身、理学療法士に興味を持ったきっかけは、部活動をしている中で起こした怪我が始まりで、そこでリハビリの仕事を知りました。その時に担当して下さった、セラピストの的確な指導に憧れを抱き、この仕事を目指しました。

学生時代は「チーム医療」を意識した取り組みが多々あり、実際多くの他職種と触れ合う機会がありました。その大切さについては、実際働き始めた今、業種間の連携をとる中で、とても良く分かるようになりました。また、学院では勉強だけでなく、球技大会や学院祭など、楽しい時間も多くあり、友人たちと深い友情関係を築くことができたことも良い思い出です。


作業療法学科 卒業生

私は、一度社会人として、介護の仕事に従事しており、高齢者の方と触れ合う中で、介護業務だけではなく、実際に患者様のリハビリに関わりたいと強く感じるようになり、作業療法士を目指そうと決めました。
学院では、机上の勉強や学科内での学びだけではなく、多くの専門職を目指す仲間と共に学べた環境は、現在の自分に活きています。

今後は、もっと色々な方から信頼される作業療法士となり、将来的には地元に帰って、地元に貢献できる作業療法士になりたいと考えています。これから作業療法士を目指そうと思っている皆さん、医療系は難しいイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。目の前の目標をひとつひとつクリアしていけば、必ず達成することが出来ます。ぜひ頑張って下さい。


言語聴覚学科 卒業生

私は、叔母が看護師をしていたこともあり、そこから医療系の仕事に興味を抱き、タイミングと人のご縁で、この言語聴覚士という仕事に出会いました。
実際現場で働き始めると、チーム医療の中の一員として、1人の患者様に対する時、学院で多くの他職種と共に学ぶことが出来た環境は、今の自分の仕事に活きていると感じています。
また、学院の何気ない日常の中でも、日頃から「笑顔で生活すること」「自ら学ぶ」の姿勢をもって生活し、様々な人を見て、多くのことを学んだ覚えがあります。その経験が、現在の患者様の症状や心の動きをとらえるうえで大変役に立っています。

言語聴覚士は、多くの人と接しながら、弱い部分・強い部分を自分に置き換えながら成長でき、また、患者様からの「ありがとう」の言葉・気持ちの重さを知ることができる素晴らしい仕事です。ぜひ、これから医療関係に興味のある皆さんに目指して頂きたいと思います。


言語聴覚学科 卒業生

私は、現在、言語障害・嚥下訓練などの患者様を担当しています。患者様が職場復帰をされ、リハビリを通して回復していく過程は、自分自身の自信になり、大きなやりがいとなっています。
また、現場では多くの他職種と関わりながら、患者様のリハビリを行っています。そんな現場を通じて日々感じることは、自分の専門分野である言語聴覚の役割や専門性について熟知しておくことはもちろんですが、理学療法や作業療法など、他職種の業務内容や役割についても知っておく必要があるということです。
幸い私は、学院の学びの中で、他学科の学生や先生方と多く触れ合う機会を頂き、自身の専門分野だけではなく、他職種の仕事内容を理解する環境がありました。

この学院で過ごした3年間の環境・経験・知識は、今の自分自身にとって、とても大きな財産となっています。

  1. ホーム
  2. 卒業生の声
PAGETOP
〒799-0422 愛媛県四国中央市中之庄町1684-10
Copyright(c) RWF group All rights reserved.